Inheriting 400 years of Mino ware tradition represented by Oribe, Nezumishino ware, Sawarabigama has been manufacturing all kinds of tableware. Gentle form, warm glaze, and durability are their characteristics.
The long plate can be enjoyed as an interior decoration not only as tableware.

from left
Nezumishino / Souoribe / Kanimon Teacup
¥4,000(each)
Souoribe rectangle plate ¥40,000

美濃焼 400 年の伝統を継承しつつ、織部、黒織部、鼡志野 (ねずみしの) を中心に食器全般を作陶しています。
柔らかいフォルムと、あたたかみのある土や釉薬の表情、丈夫さが特徴です。
ダイナミックな長皿は、大皿としだけでなく、インテリアとしても映えます。

左から
鼡志野 / 総織部 / 織部蟹文 湯呑 各4,000円
総織部長角皿 40,000円

All prices are tax excluded. / 表記の金額は全て税別価格です。