美濃和紙UNESCO INTANGIBLE CULTURAL HERITAGEMINO WASHI PAPER

Mino washi paper has a 1,300-year long history upholding traditional techniques of antiquity.
The technique of making hand-made Hon-minoshi paper (the highest grade) was designated as UNESCO Intangible Cultural Heritage in 2014.

美濃和紙は、1300年の長い歴史を有し、古来からの伝統技法を受け継ぐ岐阜県が誇る伝統工芸品です。
その最高峰である本美濃紙の手すき和紙技術が2014年にユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、世界的に高い評価を得ています。